« 氷さく | トップページ | ハブが壊れた »

2013年11月25日 (月)

分かりにくいYAMAHAのルーター

(2016/7/28 続編を投稿)
(2015/4/2 続編を投稿)
(2013/12/8 分かりにくい文章を大幅に書き換え)
 
YAMAHAのルーターは高機能で定評があるが、「分かりやすさ」「説明の親切さ」では疑問に思ってる人も多いのではないだろうか。
今日はルーターの管理者(ルーターにログインできるユーザー)の設定をしていて、その不可解な仕様にムカッと来た。
 
* * *
YAMAHAルーター独自の特殊なアカウント「無名ユーザー」を設定すると、今まで使っていたアカウントでアクセスできなくなる?
最初に言っておくと、実は上記のような問題はないのだが、そう勘違いさせるような動作をするのである。
 
まずYAMAHAルーターのアカウントの種類を整理
○アカウントの種類
・一般的なユーザー(以下では便宜上「有名ユーザー」と呼ぶ)
 ユーザー名とパスワードを入力してログインする。
・無名ユーザー
 パスワードのみ入力してログインする。
 (ユーザー名を覚えなくて済むようにしたいのか?)
 
続いて、アクセスの種類ごとのログイン方法を整理
○ログイン方法
・ブラウザでルーターにアクセスする場合(「かんたん設定画面」)
 ログイン画面のユーザー名とパスワード入力欄に入力してリターン。
 無名ユーザーなら、ユーザー名は空欄のままで。
・telnetでアクセスする場合
 "Username:"のプロンプトの後にユーザー名+リターン。
 続いて"Password:"の後にパスワード+リターン。
 
ところが、無名ユーザーを設定すると"Username:"のプロンプトが出なくなり、いきなり"Password:"のプロンプトが出てくるように動作が変わる。だから「有名ユーザーでログインできないじゃないか」と慌ててしまう。
実は、出て来た"Password:"のプロンプトに対して空リターンを打つと、続いて"Username:"が出てきて有名ユーザーでログインできるのだが、これに気がつかない人はログインできない。
 
多分、無名ユーザーでログインする際に"Username:"に空リターンを打つ一手間が惜しくてこんな変更をしたのだろうが、そのせいでログインできなくなる人が出るのは利点より弊害の方が大きすぎる。
 
* * *
ユーザーのアカウントに無意味なパスワードの設定が要る?
これも実は無意味ではないのだが、telnetを使わない人には実質無意味である。
 
まずYAMAHAルーターのパスワードの整理
○パスワードの種類
・ユーザーごとのパスワード
 有名、無名の区別無く、ユーザーごとに必要
 空文字列の設定は許されない
・管理パスワード
 ユーザーによらず共通
 空文字列の設定可能
 
続いて、アクセスの種類ごとのパスワードの使用方法の整理。
○telnetでのアクセスの段取り
(1) 有名ユーザーまたは無名ユーザーでログイン
(2) (1)の後、昇格コマンドと管理パスワードを入力して管理者に昇格
 管理パスワードに空文字列を設定していた場合は、昇格コマンドの後に出てくる"Password:"プロンプトに対して空リターンで良い。
 
○ブラウザでのアクセスの段取り
(1) ログイン画面のユーザー名欄にユーザー名を入力(無名ユーザーの場合は空欄のまま)
(2) パスワード欄に管理パスワードを入力。ユーザーごとのパスワードでない事に注意。また、管理パスワードに空文字列を設定していた場合は、空欄のまま。この場合でもユーザーごとのパスワードを入力してはならない。
(3) リターン
 
上の段取りを見て気がつくと思うが、ブラウザでアクセスする場合にはユーザーごとのパスワードは使用しない。ユーザーごとのパスワードに空文字列を設定する事が許されず、なにかしら文字列を設定する事が強要されるのに、せっかく設定したパスワードを使わないのだ。また、管理パスワードと同じ文字列を設定すると動作がおかしくなる。
このため、telnetでアクセスしない人には、ユーザーごとのパスワードは全く無意味なものになっている。
 
多分、ブラウザでアクセスする人のために、telnetの時のような2段階でログインする手間を省いたつもりなのかもしれないが、意味不明な設定があることはそれ以上に迷惑だ。
設定した意味不明のパスワードは心の隅にずっと引っかかっている。
 
* * *
ユーザー名もパスワードも空欄に出来るのに… 
 
つぎはぎだらけの仕様に、さらにつぎはぎが当たっている。
管理パスワードには空文字列が設定でき、無名ユーザーも設定できるのだから、ブラウザでアクセスする時にユーザー欄もパスワード欄も空欄のままログインする設定もできるかと思うのだが、それはできない。
おそらく、名前欄とパスワード欄の両方が空欄でログインできるのはまずいと考えて、このパターンだけ禁止したのだろう。
 
そんなことする前に、無名ユーザーを廃止して、管理パスワードへ空文字列を設定するのを禁止すれば良いだろうに。
ここまでこじれた仕様はなかなか見られないぞ。

« 氷さく | トップページ | ハブが壊れた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579222/58643021

この記事へのトラックバック一覧です: 分かりにくいYAMAHAのルーター:

« 氷さく | トップページ | ハブが壊れた »