« 中央日報(韓国)はほんとにもう…(2) | トップページ | MacにWordPressインストール »

2013年7月 8日 (月)

炭酸水メーカー比較、その他

Soda Sparkle(2013/2/12の記事参照)を使い続けてカートリッジが50本ほどになったところで、なんとなくガスの漏れが大きくなった気がして来た。(実際は後述のように直った。*1)
「もう寿命か。」と思い、どうせならと別の炭酸水メーカーを買ってみた。
 ツイスパソーダ公式サイト
 http://www.green-house.co.jp/products/life/kitchen/cook/sodaa/

Soda Sparkleもツイスパソーダも、どちらも問題なく炭酸水を作れるが、ちょっと違う所もあるのでメモしておく。

○付属のボトル。
・Soda Sparkle  1.3Lと1.0Lの2種類
・ツイスパソーダ  950mLの1種類(720mLのところにも目盛り線あり。)
水が多いと炭酸が薄くなって微炭酸になる。私は1.3Lを愛用していたのだが…。(*2)

○ボトル、注入器の互換性
上記のボトルの口の形は両者で異なり、ボトルに差し込む注入器(?)に互換性はない。

○炭酸ガスカートリッジの互換性
「どうせ規格があって同じ物なんだろう」と思ってたら、わずかに違った。

Sodacartridge

ツイスパソーダの注入器にSoda Sparkleのカートリッジを入れて炭酸水を作れたが、その逆は出来なかった。Soda Sparkleの注入器にツイスパソーダのカートリッジを入れても、少し隙間があるようでカートリッジに穴があかず、炭酸ガスが出てこないのだ。なお、使える場合でも、ずっと使い続けて大丈夫かは分からない。

ツイスパソーダを買ってしばらくSoda Sparkleを休ませていたら、再度使った時には直っていた。連日使うとどこかが疲れるのかもしれない。

微炭酸が好き、というよりはカートリッジを節約したいからである。
ところで先日「ためしてガッテン」でやっていた「炭酸飲料の泡を吹き出させない方法」を応用したら、炭酸ガスを今までよりよく水に溶かすことができた。つまりカートリッジを無駄なく使える。
具体的な方法は、炭酸水メーカーで水に炭酸ガスを注入した後、注入器を外す前にボトルをのどにあて「あー」とか言いながら30秒ほど待つのである。
声帯の振動でボトル内の泡が全て水面に上がれば、注入器を外した時に泡になって出て行く分が減り、水に良く溶けると言うわけ。

« 中央日報(韓国)はほんとにもう…(2) | トップページ | MacにWordPressインストール »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭酸水メーカー比較、その他:

« 中央日報(韓国)はほんとにもう…(2) | トップページ | MacにWordPressインストール »